油性肌こそ化粧水の保湿が有効なワケ


油性肌の方は、肌が脂っぽいため、保湿について無頓着になりがちです。しかし、脂っぽいからこと、しっかりと潤いを与えてあげることが有効です。肌にとって油分は大切なものです。そのため、過剰に取りすぎることでも油分は過剰に分泌されて肌が脂っぽくなります。それに皮脂が過剰になることで水分が少なくなり、乾燥が進んでいることもあります。表面は脂っぽいのに中は乾燥しているインナードライの状態になっている方もいらっしゃいます。乾燥が進んでしまうと肌のバリア機能も低下していきます。肌にとって良い状態とはいえません。化粧水でしっかりと潤いを与えてあげることで、かえって過剰な皮脂分泌を抑えることができます。皮脂と水分のバランスがよくなることで肌の状態は改善されています。脂っぽいから保湿しなくても良いということはありません。むしろ水分が必要な状態だと思ったほうが良いです。インナードライを進行させて乾燥肌になってしまわないように、早めに対策をすることが必要です。もちろん、肌がベタベタになるようなものを使う必要はありません。潤いを与えられる化粧水を選んで、肌にたっぷりと水分を補ってあげると良いです。さっぱりした化粧水を選ぶときには、配合されている成分に注意して選びましょう。さっぱりタイプのもののなかには、アルコールがたくさん入っているものもあります。アルコールが入っているようなさっぱりタイプの化粧水は、蒸発するときに肌の水分を持っていってしまいます。肌を刺激せず、与えた潤いはキチンとキープできる化粧水を選んで利用すると良いです。